アズールレーン航海日誌【4頁目】

現状戦力確認『重桜主力編』

重桜陣営戦艦編

  戦艦枠主力三人はこちらの方々になります。明らかに空母で名前の通った人がいますが、戦艦です。簡単に言うとイベントで大規模改装する前の状態で実装されました、加賀さんです。(衣装が改装後とあんまり変わらないのはあまり触れないようにしましょう・・・)アズールレーンでは第二次世界大戦の関係の艦を多く実装してますが、三笠さん貴女いつの方ですか。艦歴がかなーり古い方ですw。

重桜戦艦一覧

 結構艦数が多い様に見えますが、長門・加賀が3人、天城・比叡ちゃんが2人(普通の比叡は1人)と結構被ってます。長門・天城・三笠は結構強いので110レベルは超えています。尚、天城は巡洋戦艦なので3人衆からは外してます。
 もう一人は長門120レベルにしたいなぁ・・・。では紹介へ!今回からは主力で乗せた3人を紹介します!!!

  • 長門:超弩級戦艦の方ですね。ビックセブンとも呼ばれていましたが、どう見ても幼児なのは何故でしょうか、後々が怖いので深追いはやめておきます。因みに性能としては、旗艦として出撃した場合に重桜の火力が最大10%アップ、装填・命中が最大20%アップしたうえに、重桜所属空母の与ダメージを最大20%アップさせる『四代目連合艦隊旗艦』と主砲発射時最大40%の確率で特殊弾幕を発射する『BIG-SEVEN-桜』というスキルを持っています。どっちも最大レベルまで上げると非常に強いスキルです。『四代目連合艦隊旗艦』は正直なところ、重桜陣営なんだから雷装上げて欲しかった・・・『BIG-SEVEN-桜』はスキルレベルによって威力や特殊弾幕の攻撃範囲が広がっていき最大になると、とんでもない威力になります。装備にもよりますが綾波改の雷撃特化状態の総合ダメージと張り合える位の力をもっています。かなーり攻撃的な性能ですが、欠点もあります。とんでもない攻撃性能を持っているので行くところは終盤海域、受けるダメージもかなりのもの・・・はい耐久が結構低いんです。そして、終盤海域は今、13章あたりは航空攻撃が沢山・・・そうです耐久低い上に、対空に関しては戦艦でもワーストクラスです。他の艦で守らないとドンドン耐久が持っていかれます。(だから〇リなのか・・・)
  • 加賀:ここは戦艦枠でーす。はい、大型改装前の加賀さんが実装されました。空母の加賀さんと違い表情が直情的な顔をしていますね・・・。では性能へ移りましょう。主砲発射時最大50%の確率で特殊弾幕を発射する『戦えば勝つ!』と戦闘開始10秒後と最大20秒ごとに魚雷弾幕を発射する『征けば獲る!』というスキルです。実際二つとも確率や時間に見合った威力が無いんですよね・・・。正直手数でやっていくのがこの方の本分だと思います。(スキル発動が被るのは結構ないのです)因みに、上の長門と同じく耐久と対空がかなり弱いです。艦隊へのバフがないので12・13章へはあまり連れていけません・・・。
  • 三笠:この方も連合艦隊旗艦を務めた艦になります。ですが、大体20年近く古い艦になります。空母加賀に『三笠大先輩お願いしますね』っぽいこと言われていますね。(そしてその言葉に関して返答しない三笠さん)そしてゲーム内では三笠博物館なるものを新設して後輩に粉砕されていたりしています。そんなかわいそうな三笠さんの性能へ移ります!主砲発射時最大60%で8秒間、巡洋戦艦・戦艦の与ダメージを20%アップさせる『丁字戦法』、自身の被ダメージを最大12%で50%ダウンさせ、旗艦として出撃した場合に重桜陣営艦の火力・装填が最大で20%アップする『新生連合艦隊旗艦』になります。『丁字戦法』ですが、上二人とは違い特殊弾幕を撃つのではなく、味方のバフを行います。確率は60%と正直微妙な数値になってます。『新生連合艦隊旗艦』に関しては、実際長門の方がいいと思います。弾幕強いし・・・。因みに欠点は上二人と同じです。耐久においては被ダメージ半減ついてますが、発動しないです。仕事しろ。対空に関しては対空砲自体装備できません、仕方ないんです、この人の時代航空機なんてなかったんです・・・。有人飛行機世界初と大衆で知られているのはライト兄弟で1903年、三笠さんが戦列に並んだのは1904年の日露戦争、一年で実用化は無理でしょ・・・。ということもあり、12・13章で旗艦運用ははっきり言って無理です。何もできずに沈んでいきます。愛のある司令官様であれば何とかと思いますが、前衛で大半の航空機を叩き落さないといけないです。じゃないと耐久が低いから突如D判定をもらいます。ですが、自爆ボートが多い11章ではかなり活躍するのではないでしょうか。戦艦主砲・軽巡洋艦主砲・駆逐艦主砲と主砲を三つ積めるのでかなり活きてくるのではないでしょうか。

 余談ですが、主力三人はイベント艦ですので今現在入手不可です。
尚、リアルな話になりますが、戦艦三笠は博物館船として現存してます。詳しくはまた何処かの頁にて紹介したいと思います。

 あとがき:予想以上に長くなってしまったので、次の頁に逝きます・・・。
話出すとグダグダ長くなってしまうのが悪いとこ。(良く話がすっ飛ぶとこも・・・)もっと分かりやすく、読みやすい文章をと思ってるのですがこのザマです。m(__)m
 ではここ等で

置筆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です